新宿日比谷バーで開催された45歳以上婚活パーティー|婚活・恋活パーティー参加レポート


某社会人サークル主催の熟年婚活パーティーに参加してみた。

男女ともに45歳以上という事で、実際には50代が中心。
おそらく自分は最年少という参加者になるだろうか。


40代も後半になると、参加できるこうしたパーティーは極めて少なくなる。
そのため、参加者の多くは「あれ?!前回もお会いしましたね・・・」みたいなバッティングがよくある。

まぁそれはそれで、もう慣れっこになっている。



日比谷バーはこうしたパーティーによく使われる。
そんなに暇なのだろうかと思ってしますが、ほどよくお酒の種類があり、美味しすぎずまず過ぎない料理が手ごろなのだろうか。



今回の参加者は男性18名、女性18名。
店で一番大きな部屋を貸切、男性は席を3つづつ移動するスタイルだ。


さすがに男女も50代ともなると、老化を感じさせる身体変化が出てくる。
顔のシミやシワは化粧ではごまかせないし、男性は加齢臭や服装が完全におっさん化する。


自分が女子なら「絶対無理!」というような男性が、会場の半数以上を占めるのだ。
女性のげんなり感が顔からにじみ出ている。



そもそもこうした安価なパーティーに参加する人に期待するのも無理があるとは思うのだが・・・。



2時間のパーティー中盤には、ほとんど大勢は決し、だれとだれがお互いによいと思っているか。。。というのがだいたいわかる。

また、自分に興味がありそうな人もだいたいわかる。


この戦いに敗れた男性は、会話に参加できずひたすら飲みまくり今日を忘れようと努力する。


いつもの光景なのだ。




宴が終わり、二次会に流れる事になったが、ここで様々な駆け引きが生じる。
お互いに気の合った男女は二人でお茶でも行きたいと思うだろうし、あぶれた男性は残った女子となんとしても連絡先だけでも好感したいと思っている。

女性は他の女子が来るなら参加してもよいという、日和見気分の者から、速攻で帰宅する気配を醸し出している女子まで様々。
男子はそれを阻止するべく必死に説得する構図なのだ。


私はというと、二次会三次会などはまず参加しないので、その場でさっさと退散する。



出会いを求めているというよりは、人間観察が趣味なので、もう十分ごちそうさまなのだ。

ちなみに明日も40歳以上の婚活が入っているので、そのレポートはまた後日。
[スポンサード・リンク]





パーティー参加費 男性:6500円 女性:3500円



出会い・婚活TOPへ初めてのパーティー話しかけられるには?パーティーでの会話パーティーのマナー編パーティーの値段相場
パーティー主催会社評価モテるためのテクニック女性を上手に褒める方法草食男子の攻略法40代いい男の攻略法年収の高い男の見分け方
思わせぶり男子の攻略法決断しない男への押し男性に受けるコーディネート外見"肉食"中身"草食"男子外見"草食"中身"肉食"男子自分への関心度を探る
場の空気に馴染めない時美人なのにモテない理由パーティー処方箋まとめ恋と愛の違いモテない時期を乗り切る悪女を見分ける
相性の正体に迫る自分を好きになる方法デート代の相場結婚できない女性の特徴40代男性が結婚しない理由高年収男子が求める女性像2016年の婚活トレンド
好きな人との相性診断恋愛相談・ご意見