1月21日に生まれた人との相性診断


誕生日、相性診断を行いました。
あなたが選択した日付と符合するそれぞれのタイプとバースデーを表示します。
これは、四柱推命、運命学、天文、星詠など、あらゆる占いとスピリチュアルデータに用いられている根本的なリズムから統合し選択したもので、宇宙の運行法則をコンピュータでシミュレートしたものです。

[この方と恋愛を成就するには]
 対人関係の能力に恵まれているため、プライベートでも仕事でも人と関わる事で大きな成功を手にすることができる人のようです。

 どのような態度を取れば相手の方が喜んでくれるのかという事が手に取るように理解できるため、この方と関わるとすぐに惚れこんでしまう人が多いはずです。
 また、そうした演出をし、相手の関心を自分に向けようと必死になります。


 多くの場合、振り向くまでは多くのエネルギーを使いますが、ひとたび好意の確認が取れると途端に関心が次へと移る恋愛狩人の傾向がありますので、熱しやすく冷めやすい方とも言えいます。

 あなたがこの方との交際を進展させるためには、人望と知恵を育むことが大切です。
 追いかけてばかりいると、この方の関心は得られません。むしろ相手を追いかけさせるほどの魅力が必要です。

 しかし、それはこの方の精神状態が幼い事を前提としています。人生経験を積んで人生中盤以降になると、恋愛の関係性も一変します。
 それまでは相手にあれこれと条件付けをするのですが、精神的な成長を遂げると、相手から何かを得たり奪ったりする感情から開放され、与える愛を知るからです。


 そのため、あなたがどのタイミングでこの方と出会ったかという時期が大切です。
 しかし、もっとも大切なことは、あなた自身が疑心暗鬼にならず飾らずにありのままの姿と態度でこの方と対峙することでしょう。

この方と恋愛の相性がよい誕生日
1/5 1/9 1/18 1/19 1/23 2/3 2/7 2/16 2/17 3/1 3/5 3/14 3/15 3/31 4/3 4/12 4/13 4/29 5/1 5/10 5/11 5/15 5/27 5/29 6/8 6/9 6/25 6/27 7/6 7/7 7/23 7/25 7/31 8/4 8/5 8/21 8/23 8/29 9/2 9/3 9/7 9/19 9/21 9/27 9/30 10/1 10/17 10/19 10/25 10/28 12/13 12/15 12/21 12/24

この方の良き協力者となる誕生日
1/1 1/6 1/17 2/4 2/15 3/2 3/13 4/11 4/30 5/9 5/28 6/7 7/5 8/3 8/22 9/1 10/31 11/29 12/27

この方と人生の友となる運命の誕生日
7/22 7/23 7/24 7/25

この方のよきライバルとなる誕生日
1/2 1/16 2/14 3/12 4/10 5/8 6/6 7/4 8/2 12/30

この方のソウルメイトとなる人の誕生日
1/11 1/31 2/9 2/29 3/7 3/27 4/5 4/25 5/3 5/23 6/1 6/21 7/19 8/17 9/15 10/13 11/11 12/9


天命とは、あなたが今世やりとげるべき課題。
愛情を深く知る事。
結婚をして子供を作る事。
また、孤独感を乗り越える事など。
全ての人によって与えられる課題と困難度が違います。
得てして今の自分が苦手な事がテーマになることが多いようです。
恋愛や結婚を克服することが課題だとすれば、恋愛や結婚がしにくい体質になって生まれてきており、また孤独感を乗り越える事が課題な人は、人づきあいが苦手で自然と孤独に陥る性格に生まれています。
待っていても人生は変わりません。
自らが動く事で、多くの場合「苦しみ」と「挫折」が発生します。
それを乗り越えながら、連続的に、螺旋状に成長して行くのが人生です。
さぁ、存分に今の連続を楽しみましょう。

by 管理人


出会い・婚活TOPへ初めてのパーティー話しかけられるには?パーティーでの会話パーティーのマナー編パーティーの値段相場
パーティー主催会社評価モテるためのテクニック女性を上手に褒める方法草食男子の攻略法40代いい男の攻略法年収の高い男の見分け方
思わせぶり男子の攻略法決断しない男への押し男性に受けるコーディネート外見"肉食"中身"草食"男子外見"草食"中身"肉食"男子自分への関心度を探る
場の空気に馴染めない時美人なのにモテない理由パーティー処方箋まとめ恋と愛の違いモテない時期を乗り切る悪女を見分ける
相性の正体に迫る自分を好きになる方法デート代の相場結婚できない女性の特徴40代男性が結婚しない理由高年収男子が求める女性像2016年の婚活トレンド
好きな人との相性診断恋愛相談・ご意見